産経ニュース

【月刊正論3月号】沖縄・翁長雄志知事が李克強首相にした驚きの媚中発言とは… 朝鮮半島問題研究家・元通産省技官 安部南牛

ニュース 政治

記事詳細

更新

【月刊正論3月号】
沖縄・翁長雄志知事が李克強首相にした驚きの媚中発言とは… 朝鮮半島問題研究家・元通産省技官 安部南牛

沖縄県名護市辺野古沿岸部で海上の本体工事が本格化したことを受け、記者の質問に答える沖縄県の翁長雄志知事=2月7日午後、沖縄県庁 沖縄県名護市辺野古沿岸部で海上の本体工事が本格化したことを受け、記者の質問に答える沖縄県の翁長雄志知事=2月7日午後、沖縄県庁

 そして中国共産党の煽った反日暴動が大きく響いて「困難な状況に直面」させたことも、東南へ進出する国内世論の形成の一環などとは思わないのだろう。尖閣諸島の領有を目指す軍事的威圧、東シナ海上の中間線域での一方的なガス田開発、小笠原諸島沖の赤サンゴの採掘など近年、中共側が「困難な状況」を作ってきたのは、日本周辺の資源を求めての行為であり、それらは歴史的に中原に政権が成立してからの漢族が取ってきた行為の継承そのものである。  

 これらは、李克強首相が「歴史認識」として強固にかつての「冊封体制」意識を持っていることを示すものではなかろうか? 

 前置きで日本側を牽制した後、李克強首相は本題に入った。 「中日経済関係には非常に大きな相互補完性がある。日本は多くの分野とりわけ技術において先進的で、先進的な管理システムがある。中国はそれらを求めている」  

 李克強首相は「経済関係には相互補完性がある」と述べて、その直後に「先進的技術を中国は求めている」と本音をのぞかせる。ここに中共側の深刻な課題が垣間見える。毎年6億トン以上も生産する「鉄」が累積されて、中共政権支配地域にあふれている。古来、漢族は「鉄」を積み上げて財としてきた。今もその伝統は生きていて、地方政府も含めて蓄財ならぬ「蓄鉄」が常態化している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 沖縄・翁長雄志知事が李克強首相にした驚きの媚中発言とは… 朝鮮半島問題研究家・元通産省技官 安部南牛
  • 沖縄・翁長雄志知事が李克強首相にした驚きの媚中発言とは… 朝鮮半島問題研究家・元通産省技官 安部南牛

「ニュース」のランキング