産経ニュース

【自民党大会】安倍晋三首相「改憲発議をリードする」明言、昨年より踏み込む 「日本を担う党の歴史的使命」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党大会】
安倍晋三首相「改憲発議をリードする」明言、昨年より踏み込む 「日本を担う党の歴史的使命」

自民党大会で演説する安倍晋三首相=5日、東京都港区(福島範和撮影) 自民党大会で演説する安倍晋三首相=5日、東京都港区(福島範和撮影)

 安倍晋三首相(自民党総裁)は5日の党大会で演説し、党是である憲法改正について「自民党は憲法改正の発議に向けて具体的な議論をリードしていく。それこそが戦後一貫して日本の背骨を担ってきた自民党の歴史的使命ではないか」と呼びかけ、憲法改正の実現に向け強い意欲を表明した。

 首相は、今年5月3日に日本国憲法の施行から70年を迎えることを挙げ、「次の70年を見据え、新たな国づくりに取りかからなければならない」と訴えた。「憲法は国の形、日本の理想、未来を語るものだ」とも強調した。

 憲法改正については、党大会で決定した平成29年の運動方針にも「改憲原案の発議に向けて具体的な歩みを進める」「新しい憲法の姿を形作り、国会の憲法論議を加速させ、憲法改正に向けた道筋を国民に鮮明に示す」と明記した。また、改憲実現には国民投票で過半数の賛成が必要であることを踏まえ、世論形成を図るため「改憲賛同者の拡大運動を推進する」とした。

 昨年の運動方針は「国民的な議論と理解を深め、国会で正々堂々と議論する」との表現にとどまっており、踏み込んだ。

「ニュース」のランキング