産経ニュース

谷垣グループ分裂へ 佐藤勉衆院議運委員長ら数人が麻生派入りの意向

ニュース 政治

記事詳細

更新


谷垣グループ分裂へ 佐藤勉衆院議運委員長ら数人が麻生派入りの意向

応援演説をする自民党の谷垣禎一氏 応援演説をする自民党の谷垣禎一氏

 自民党の谷垣禎一前幹事長が顧問を務める谷垣グループ(有隣会)が分裂する見通しとなったことが2日、分かった。佐藤勉衆院議院運営委員長ら幹部数人が離脱し、麻生派(為公会)に合流する方向だ。

 谷垣氏は昨年7月の自転車事故以来療養を続けているが、グループは2日の総会で、6月16日に政治資金パーティーを開くことを決定。残留メンバーは当面グループを存続させたうえで谷垣氏の復帰を待つ方針だ。

 関係者によると、都内で1日、川崎二郎元厚生労働相や遠藤利明前五輪相、逢沢一郎元外務副大臣、棚橋泰文前幹事長代理らグループ幹部が今後の運営方針をめぐり会談。川崎氏らが6月のパーティー開催を提案した。また、この席で谷垣氏がパーティーの開催を了承していることや、谷垣氏が代表発起人を務めることなどが親族を通じて説明された。会談では「谷垣氏がケガから復帰し、直接今後を話し合うまではグループを存続させるべきだ」との意見が目立った。

 これに対し、棚橋氏は開催に難色を示し、棚橋氏は会談後、グループ幹部に「パーティーの世話人を辞退したい」と申し出た。

 またグループ幹部の佐藤氏は総会を欠席。パーティーにも参加しない方針で分裂は必至となった。

 両氏は、岸田派(宏池会)と同じ流れをくむ麻生派と谷垣グループが再結集する「大宏池会構想」を進めたい考えで、麻生派幹部とも会合を重ねている。約20人のグループからは、現段階で数人が麻生派に合流する方向だ。

「ニュース」のランキング