産経ニュース

【プレミアムフライデー】安倍晋三首相「人生が豊かに」 座禅、ミニコンサート、展覧会を満喫

ニュース 政治

記事詳細

更新

【プレミアムフライデー】
安倍晋三首相「人生が豊かに」 座禅、ミニコンサート、展覧会を満喫

政務を早めに切り上げ、永田町を離れた安倍晋三首相。上野ではミニコンサートも楽しんだ=24日午後、東京都台東区(松本健吾撮影) 政務を早めに切り上げ、永田町を離れた安倍晋三首相。上野ではミニコンサートも楽しんだ=24日午後、東京都台東区(松本健吾撮影)

 安倍晋三首相ら閣僚や各党幹部は24日、「プレミアムフライデー」の浸透を図るため、率先して日常とは違う時間を過ごした。

 安倍首相はこの日、午後3時過ぎに仕事を切り上げて首相官邸を出発。東京・谷中の「全生庵」で、山本有二農林水産相とともに作務衣姿で座禅を組んだ。その後、上野公園内でのミニコンサートや展覧会もはしごし、「アフター3」を満喫。記者団に「ゆっくりと文化に触れて、人生が豊かになるような気がした」と笑顔で話した。

 他の閣僚もデパートでのショッピングやお菓子作り体験、フランス料理店での食事など思い思いに楽しんだ。

 自民党は事前に職員に早期退庁を指示しており、中には議員会館の事務所のドアにプレミアムフライデーを告知する張り紙をして、午後3時に“店じまい”をした国会議員も。一方、二階俊博幹事長は風邪のため午前中に永田町を後にした。

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相「人生が豊かに」 座禅、ミニコンサート、展覧会を満喫
  • 安倍晋三首相「人生が豊かに」 座禅、ミニコンサート、展覧会を満喫

「ニュース」のランキング