産経ニュース

【九州「正論」懇話会】ジャーナリストの高山正之氏「日米英で中国抑止を、トランプ米政権は好機」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【九州「正論」懇話会】
ジャーナリストの高山正之氏「日米英で中国抑止を、トランプ米政権は好機」

講演するジャーナリストの高山正之氏=22日、福岡市博多区のホテルオークラ福岡(仲道裕司撮影) 講演するジャーナリストの高山正之氏=22日、福岡市博多区のホテルオークラ福岡(仲道裕司撮影)

 九州「正論」懇話会の第128回講演会が22日、福岡市博多区のホテルオークラ福岡で開かれ、産経新聞記者としてテヘラン支局長やロサンゼルス支局長などを務めたジャーナリストの高山正之氏が「これからの日本」の演題で講演した。

 高山氏は、安倍晋三首相とトランプ米大統領の首脳会談について「(日本側が)言ってほしかった言葉が、ずらずら並べられた。トランプ氏が裏切るのではないかという分析もあるが、発言は本物だと思っている」と述べ、大きな成果との認識を示した。

 「日本にとってトランプ政権ほど良い機会はない。米国が押し付けてきたものを、はね返す好機。英国をうまく使って米国と組み、中国を抑えればよい」と語った。また、「日本がどうなるかは日本人次第。日本人のあるべき姿を考えなければならない」と強調した。

「ニュース」のランキング