産経ニュース

【政論】南スーダン日報問題でも懲りない民進党のブーメラン芸

ニュース 政治

記事詳細

更新

【政論】
南スーダン日報問題でも懲りない民進党のブーメラン芸

衆院予算委員会で、民進党の後藤祐一氏(左手前)の質問に挙手する稲田朋美防衛相=14日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会で、民進党の後藤祐一氏(左手前)の質問に挙手する稲田朋美防衛相=14日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊の派遣部隊が昨年7月に作成した日報をめぐり、衆院予算委員会で野党による追及が続いている。15日には民進、共産、自由、社民の4野党が稲田朋美防衛相の辞任を求める方針で一致した。

 確かに、当初は「不存在」とされた日報が再調査で見つかった経緯自体は粗末だった。もっとも、再調査を指示したのは稲田氏であり、日報が見つかったのは当初は調査範囲外だった端末なので、隠蔽との指摘はあたらないだろう。

 民進党は、日報に記載された「戦闘」という文言を問題視している。PKO参加の前提となる紛争当事者間の停戦合意は崩れているという主張だ。

 だが、ここで民進党が触れない事実がある。旧民主党の野田佳彦内閣時代の平成24年春、隣国のスーダン軍が国境を越えて南スーダンを空爆し、他国のPKO部隊に被害が出るなどした。そして当時の報告にも「戦闘」と記されていた。

 それでも野田内閣は自衛隊の派遣を継続した。このとき自民党の佐藤正久参院議員の質問主意書には「主として(PKOの)活動地域外で発生し、規模も限定されている」と答え、武力紛争を否定している。

続きを読む

「ニュース」のランキング