産経ニュース

ニュース 政治

記事詳細

更新


日韓外相会談の要旨

17日、ドイツのボンで、会談前に韓国の尹炳世外相(左)と握手する岸田外相(外務省提供・共同) 17日、ドイツのボンで、会談前に韓国の尹炳世外相(左)と握手する岸田外相(外務省提供・共同)

 ドイツ西部ボンで行われた日韓外相会談の要旨は次の通り。

 【慰安婦問題】

 岸田文雄外相 釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたのは極めて遺憾だ。撤去すべきだ。

 尹炳世外相 日韓合意を引き続き着実に履行する。外国公館に造形物を設置することは外交儀礼に鑑みて適切でない。可能な限り最大限の努力を行っていく。

 両氏 慰安婦問題をめぐる日韓合意を双方で着実に履行していくことが重要との認識で一致。

 岸田氏 島根県・竹島に上陸して慰安婦像を設置することは受け入れられない。

 【駐韓大使の帰任】

 岸田氏 日本の基本的な立場を説明。帰任時期は諸般の事情を総合的に判断する。

 【北朝鮮】

 両氏 引き続き緊密に連携することを確認。

 【竹島問題】

 岸田氏 平昌冬季五輪の大会組織委員会の公式ホームページで、竹島が韓国名で表記され、韓国領となっている問題も指摘。(共同)

「ニュース」のランキング