産経ニュース

【小池知事定例会見録】都議選の選挙協力「民進党の固まりということについては考えていない」 石原慎太郎元知事には「都民は豊洲市場のファクトを知りたい」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
都議選の選挙協力「民進党の固まりということについては考えていない」 石原慎太郎元知事には「都民は豊洲市場のファクトを知りたい」

「メリハリの付いた予算」のキャラクター、ハリーくんを手に記者会見する小池百合子都知事=2月16日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 「メリハリの付いた予算」のキャラクター、ハリーくんを手に記者会見する小池百合子都知事=2月16日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 「それから、これによって、職員が交代で休憩することになりますので、昼食時間帯に突発業務が起こって、そのときにみんな職員食堂にいて誰もいませんということが防げるという効果もあろうかと思います。それから、働き方改革の関連でもう1つご紹介しておきます。『ライフ・ワーク・バランス賞』を設けたわけでございます。残業ゼロへの取組で、10月の超過勤務実績に基づいて、『スタートダッシュ賞』、これを表彰したところでありますけれども、開始から3カ月がたちました。そこの実績をずっと並べまして、上位5局、残業時間を削減した局が上から5つございますけれども、これらの局には、『ライフ・ワーク・バランス賞』として表彰をするということでございます」

 「本庁全体の1人当たりの超過勤務時間は、3カ月連続で、対前年比で確実に減っているということであります。年度末になりまして、これから繁忙期に入るわけでありますけれども、引き続き『残業ゼロ』への取り組みを積み重ねてまいりたいと、このように考えております。ということで、東京大改革は、まず都政の大改革から始まる。大改革は小さな改革の積み重ねによってできるという考え方で、小さいことであるかもしれませんが、働き方の改革を1つずつ進めていきたいと考えております。詳細は総務局の方にお聞きいただきたいと存じます。私の方からご報告する点については、以上でございます」

【質疑応答】

 --ライフ・ワーク・バランスの取り組みの成果に満足しているか

 「今、職員の意識が本当に変わりつつあるということを痛感いたします。もちろん、これまでやたら残業していたところ、削ってもまだまだ長時間労働が続いているところもありますけれども、しかし、これによって職員の方々、若い職員も含めて聞いてみますと、やはり働き方というか、もう『帰るのは当たり前だよね』と。『これまでは残業するのが当たり前だったのが、帰るのが当たり前というふうに変わってきました』ということも聞いています」

続きを読む

このニュースの写真

  • 都議選の選挙協力「民進党の固まりということについては考えていない」 石原慎太郎元知事には「都民は豊洲市場のファクトを知りたい」
  • 都議選の選挙協力「民進党の固まりということについては考えていない」 石原慎太郎元知事には「都民は豊洲市場のファクトを知りたい」
  • 都議選の選挙協力「民進党の固まりということについては考えていない」 石原慎太郎元知事には「都民は豊洲市場のファクトを知りたい」
  • 都議選の選挙協力「民進党の固まりということについては考えていない」 石原慎太郎元知事には「都民は豊洲市場のファクトを知りたい」

「ニュース」のランキング