産経ニュース

北海道夕張市、全国で最低額の市長給与を引き上げ 月額25万9千円が同43万1千円へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


北海道夕張市、全国で最低額の市長給与を引き上げ 月額25万9千円が同43万1千円へ

夕張市の鈴木直道市長 夕張市の鈴木直道市長

 北海道夕張市が、全国の市で最低額の市長給与を引き上げる方針であることが16日、分かった。財政再建のために条例で定めているカット幅を70%から50%に縮め、月額25万9千円が同43万1千円となる。引き上げ後は、全国の他の市の最低水準と、ほぼ並ぶ額になるとしている。

 市によると、財政破綻の後、2007年度から現在のカット幅になっていた。市長の任期が終わる19年度を引き上げ時期とする。3月の市議会定例会に条例改正案を提出する。

 夕張市は全国で唯一の財政再生団体で、人件費や行政サービスを切り詰め、財政再建を進めてきた。昨年10月に国や道と、財政再建と地域再生を両立できるようにすることで合意。市職員の人数や給与を、全国の市の最低レベルまで見直すことも盛り込まれた。

「ニュース」のランキング