産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】非生産的なあり方、足の引っ張り…負けパターンに固執する民進党

ニュース 政治

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
非生産的なあり方、足の引っ張り…負けパターンに固執する民進党

衆院予算委員会で民進党の辻元清美氏(左)の質問に答弁する安倍晋三首相=2月14日、衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会で民進党の辻元清美氏(左)の質問に答弁する安倍晋三首相=2月14日、衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 まっとうな批判というより、ただの悪口になってしまっている。こちらも、トランプ氏を猛獣に例え、安倍首相をチキンと呼ぶことが日本をおとしめ、さらに日米首脳会談を評価した7割強の国民をバカにしたことになるのに気づいていない。

 そもそも野田氏は、天皇陛下の譲位に関する政府の有識者会議についても「議論の方向性は民意から離れている」と批判するが、その民進党自身はどれほど民意を受けているのか。

 NHKの11、12両日の世論調査では、民進党の政党支持率は6・4%と消費税率より低く、38・2%の自民党の約6分の1にとどまる。自分たちの主張や政治手法が、民意をすくえていないことをもっと自覚し、反省すべきである。

 14日の衆院予算委ではこんなこともあった。民進党の辻元清美氏は、南スーダンで活動する自衛隊の日報に、「戦闘」と書かれていたことを取り上げて「隠(いん)蔽(ぺい)だ」と集中的に追及した。

 これに対し安倍首相は、野田政権時代の平成24年にスーダンと南スーダンとの間で大規模な武力衝突が発生した際にも、自衛隊部隊の報告書には「戦闘」という言葉が使われていたことに言及し、こう指摘した。

 「野田政権は戦闘については全く言及せず、武力紛争は発生していないとの答弁書を閣議決定している」

続きを読む

このニュースの写真

  • 非生産的なあり方、足の引っ張り…負けパターンに固執する民進党
  • 非生産的なあり方、足の引っ張り…負けパターンに固執する民進党

「ニュース」のランキング