産経ニュース

【日米首脳共同記者会見・全文(3)】トランプ大統領「米国を愛し、よき友人となる多くの人々は入国できる」 安倍晋三首相「日米でアジア太平洋地域に自由でフェアなルールをつくる」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日米首脳共同記者会見・全文(3)】
トランプ大統領「米国を愛し、よき友人となる多くの人々は入国できる」 安倍晋三首相「日米でアジア太平洋地域に自由でフェアなルールをつくる」

安倍首相とトランプ大統領=10日、ホワイトハウス(ロイター) 安倍首相とトランプ大統領=10日、ホワイトハウス(ロイター)

【質疑応答】

 --昨日の連邦控訴裁判所の判断だが、トランプ大統領はどのように対応するか。新しい大統領令とか、新しい禁止令などを出すのか。また、(安倍晋三首相は)米国が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)から撤退したことについて、どう考えるか。米国との通商交渉についてどう考えるか

 トランプ氏「今日の場に、全く関係ない質問ですね。私たちは国の安全をこれからもはかってまいりますし、必要なことはやっていきます。そして私たちは時間がかかるはずありません。安全を期するということが、私のここに立っている理由の一つです。国民は一番、国の安全保障を確保するのは私だと思ったから、私はここにいるわけです。そして追加的に必要なことはやっていきます。来週のどこかでその話がでるでしょう。そして、法廷での手続きも進めてまいります。必ずや勝つことになるでしょう」

 安倍首相「われわれはこの世界において、難民の問題、あるいはテロの問題に協力して取り組んでいかなければならないと、このように考えていますし、日本は日本の役割を今まで果たしてまいりました。これからも、世界とともに協力して、日本の果たすべき役割を、責任を果たしていきたいと考えています。そして、それぞれの国々が行っている入国管理、また難民政策、移民政策については、その国の内政問題ですので、コメントすることは差し控えたいと思います」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング