産経ニュース

【日米首脳共同記者会見・全文(2)】安倍晋三首相「日本の高い技術力で大統領の成長戦略に貢献できる。米国に新しい雇用を生み出すことができる」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日米首脳共同記者会見・全文(2)】
安倍晋三首相「日本の高い技術力で大統領の成長戦略に貢献できる。米国に新しい雇用を生み出すことができる」

ホワイトハウスで、首脳会談後の共同記者会見を終え握手する安倍晋三首相とトランプ大統領=10日午後、米ワシントン(松本健吾撮影) ホワイトハウスで、首脳会談後の共同記者会見を終え握手する安倍晋三首相とトランプ大統領=10日午後、米ワシントン(松本健吾撮影)

 安倍晋三首相「米国を訪問するのは昨年のハワイ・真珠湾以来、この半年間で4度目となります。米国民の皆さまのいつも変わらない暖かい歓迎に心から感謝申し上げたいと思います。そしてトランプ大統領には就任100日という大変重要な、とても忙しいこのタイミングでホワイトハウスにお招きをいただいたこと、心から感謝申し上げます」

 「私の名前は『アベ』ですが、時折、米国では『エーブ』と発音されます。しかし、私はあまり悪い気はしないわけでありまして。あの偉大な大統領の名を、わが国においても知らない人はいないからであります。農民大工の息子が大統領になる。その事実は150年前、将軍の統治の下にあった日本人を驚かせ、民主主義へと開眼させました。米国こそ民主主義のチャンピオンであります」

 「大統領は素晴らしいビジネスマンですが、議員や知事など公職の経験はありませんでした。それでも1年以上に渡る厳しい厳しい選挙戦を勝ち抜き、新しい大統領に選出をされた。これこそまさに民主主義のダイナミズムであります。大統領就任を心から祝福したいと思います」

 「米国は世界で最もチャンスにあふれた国である。それは今までも現在もこれからも変わることはないと思います。だからこそ、自動車産業を始め、多くの日本企業が全米各地に工場をつくり、現地生産をしてきました。昨年も日本から米国へ新たに1500億ドルをこえる投資が行われました。これらは米国内に大きな雇用を生み出しています。まさに互いに利益をもたらす経済関係を、日米は構築してきました」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング