産経ニュース

元フジアナの長谷川豊氏、次期衆院選出馬へ 維新公認候補で千葉1区 6日に出馬会見

ニュース 政治

記事詳細

更新


元フジアナの長谷川豊氏、次期衆院選出馬へ 維新公認候補で千葉1区 6日に出馬会見

フリーアナウンサーの長谷川豊氏 フリーアナウンサーの長谷川豊氏

 日本維新の会が、次期衆院選に元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏(41)を擁立することが5日、わかった。選挙区は千葉1区で、長谷川氏は6日、千葉県庁で出馬表明の記者会見を開く。会見には馬場伸幸幹事長が同席する。

 長谷川氏は平成11年にフジテレビへ入社、アナウンサーとして活躍した。25年からフリーとなり、鋭いコメントで注目を浴びていたが、昨年9月、自身のブログに「人工透析患者は実費負担にさせよ」などと書き込み、批判が殺到。レギュラー出演していたテレビ番組を降板した。

 維新は関東地方での党勢拡大が課題で、知名度の高い長谷川氏の擁立で浸透を図る狙いがある。維新幹部は「維新の政策と長谷川氏の主張は近い。千葉市に長く住んでおり、地域活動にも熱心だ」と語った。

 衆院千葉1区では、民進党の田嶋要元経済産業政務官、自民党の門山宏哲氏の現職2人が立候補する見通し。共産党も新人の大野隆氏の擁立を予定している。

「ニュース」のランキング