産経ニュース

【小池知事定例会見録】「そろそろ半年、これからも高速コース」 「東京大改革を進める都民ファースト実現のため、区民ファーストの方を応援」 「進退伺、どうぞ都連の方にお聞きいただきたい」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「そろそろ半年、これからも高速コース」 「東京大改革を進める都民ファースト実現のため、区民ファーストの方を応援」 「進退伺、どうぞ都連の方にお聞きいただきたい」

記者会見する小池百合子都知事=27日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 記者会見する小池百合子都知事=27日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 「新たな数値目標なのですけれども、2020年の外国人旅行者の数を、これは東京を訪れる外国人、インバウンド、観光客ですけれども、2500万人と、これを目標といたします。それから、よく観光の行き先として挙げられるのが、沖縄の島々であったり、京都、奈良なのですが、しかしながら改めて客観的に見まして、国内の旅行者の最大のデスティネーションというか、行き先は東京なわけです。ということで、国内の旅行者数を6億人、そして、その消費額は6兆円とするなど、これはとても野心的な水準になりますけれども、東京というのはそれだけ大きな可能性を秘めているといいましょうか、もともとポテンシャルのある観光都市であるということで、そこに磨きをかけるということであります。具体的な施策ですが、6つの戦略に基づいて、インバウンドの消費を取り込んで、観光事業者に対します支援を充実するとか、ライトアップ、アニメ、漫画、こういったいわゆる観光資源づくり、既にあるものを、もっと磨きをかけて、見せ方にも工夫をするということで、ライトアップとか、それからプロジェクションマッピングなど。この東京都庁なんていうのは、そのために壁があるようなところもありますし、宙船もワーっと、知事室目がけてガーっと突っ込んでまいったシーンもございましたけれども。このように、いろいろな工夫をすることによって、非常に価値が高まることが多いのです。民間の手法も取り入れながら、こういった観光資源をもっと磨いて、先ほど申し上げました、とても野心的な数字ではございますけれども、これを達成すべく、この実行プランを1つずつ進めていきたいと思います」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「そろそろ半年、これからも高速コース」 「東京大改革を進める都民ファースト実現のため、区民ファーストの方を応援」 「進退伺、どうぞ都連の方にお聞きいただきたい」
  • 「そろそろ半年、これからも高速コース」 「東京大改革を進める都民ファースト実現のため、区民ファーストの方を応援」 「進退伺、どうぞ都連の方にお聞きいただきたい」

「ニュース」のランキング