産経ニュース

【羽ばたけ!!年男・年女】民進・野田佳彦幹事長(昭和32年生まれ) 「嫌安倍」の保守層を開拓したい

ニュース 政治

記事詳細

更新

【羽ばたけ!!年男・年女】
民進・野田佳彦幹事長(昭和32年生まれ) 「嫌安倍」の保守層を開拓したい

インタビューに応じる民進党の野田佳彦幹事長(宮崎瑞穂撮影) インタビューに応じる民進党の野田佳彦幹事長(宮崎瑞穂撮影)

 今年で60歳。孔子の言葉でいうと「六十にして耳順(したが)う」(論語の為政篇「六十而耳順」)という年です。48歳のときは「耳順う」という心境ではなく、ガンガン主張し、メッセージを発信することが政治家の役割と思っていました。今後はいままで以上にいろいろな声に耳を傾けながら、注意深く物事を進めていきたいですね。受け止める力を持つことが、一回り上になった今の心境です。

 通常国会で議論となるのは天皇陛下の譲位です。陛下は、これだけ国民の共感を得ながら、全身全霊で公務に取り組んでこられましたよね。国事行為以外に、新たに象徴天皇としての公務をみずから切り開かれました。災害の被災地に足を運ばれ、激戦地で慰霊を行われてきた。

 昭和天皇は戦前「現人神」でした。今上天皇は、まさにスタートから象徴天皇としてどうすべきかを考え抜き、全力で行動されてきました。そのお気持ちを十分忖(そん)度(たく)することを基本とすべきです。「宮中の中で行事だけやればいい」というのではないですよ。

 陛下は、こうしたことを皇位継承者に引き継いでいってほしいという思いも持っていらっしゃると感じています。「自分が高齢になったから退位したい」ではない。そうした思いが、昨年8月8日のビデオメッセージには入っています。

 それを踏まえれば「一代限り」という議論にはなっていかないと思うのです。ですから、わが党の皇位検討委員会で「皇室典範を改正し(譲位を)恒久的な制度として位置づける」という方向性が出てきました。

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進・野田佳彦幹事長(昭和32年生まれ) 「嫌安倍」の保守層を開拓したい
  • 民進・野田佳彦幹事長(昭和32年生まれ) 「嫌安倍」の保守層を開拓したい
  • 民進・野田佳彦幹事長(昭和32年生まれ) 「嫌安倍」の保守層を開拓したい
  • 民進・野田佳彦幹事長(昭和32年生まれ) 「嫌安倍」の保守層を開拓したい
  • 民進・野田佳彦幹事長(昭和32年生まれ) 「嫌安倍」の保守層を開拓したい
  • 民進・野田佳彦幹事長(昭和32年生まれ) 「嫌安倍」の保守層を開拓したい
  • 民進・野田佳彦幹事長(昭和32年生まれ) 「嫌安倍」の保守層を開拓したい

「ニュース」のランキング