産経ニュース

中国軍機が対馬海峡通過、空自機がスクランブル

ニュース 政治

記事詳細

更新


中国軍機が対馬海峡通過、空自機がスクランブル

H6爆撃機(上)、Y8早期警戒機(中)、Y9情報収集機(下) 航空自衛隊撮影・統合幕僚監部提供 H6爆撃機(上)、Y8早期警戒機(中)、Y9情報収集機(下) 航空自衛隊撮影・統合幕僚監部提供

 防衛省統合幕僚監部は9日、中国空軍機が対馬海峡の上空を往復したと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したが、領空侵犯はなかった。中国軍は日本周辺の海空域で活動を活発化させており、防衛省は中国軍の意図について分析を進めている。

 統幕によると、対馬海峡上空を通過したのはH6爆撃機6機と、Y8早期警戒機、Y9情報収集機の各1機の計8機。長崎県の対馬の南側を通り、東シナ海と日本海を往復した。

 中国空軍機は昨年1月31日に初めて対馬海峡を通過。昨年12月25日には中国初の空母「遼寧」が沖縄県の宮古海峡を太平洋に向けて通過するなど日本周辺での動きが目立っている。

このニュースの写真

  • 中国軍機が対馬海峡通過、空自機がスクランブル
  • 中国軍機が対馬海峡通過、空自機がスクランブル
  • 中国軍機が対馬海峡通過、空自機がスクランブル
  • 中国軍機が対馬海峡通過、空自機がスクランブル

「ニュース」のランキング