産経ニュース

【小池知事定例会見録】「都議選勝利へ臥薪嘗胆、断酒」/「一言で言って勝てる候補」/「組織委が仕事しやすいようバックアップ」/「今年もどうぞよろしく。乾杯は一緒にできませんが」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「都議選勝利へ臥薪嘗胆、断酒」/「一言で言って勝てる候補」/「組織委が仕事しやすいようバックアップ」/「今年もどうぞよろしく。乾杯は一緒にできませんが」

 「その一例ですけれども、これは情報公開とは別物ですけれども、ご承知のように、昨日から始めております予算の知事査定でありますけれども、もう卓上には、紙の束ではなくて、タブレットを使った形で、全部データで情報を共有して、そして議論をしていくという方法に変えております。昨日の分だけでも、5000枚くらいですか、ずっとこの間を合わせれば1万枚から2万枚の紙は使われなく、かつコピー代はかからず、そしてまた、こういったことを積み重ねていくと、テレワークにつながっていくのです。そして、何を公開し、また、都政の中でのいろいろな情報は、まだまだ審議中のもの、議論中のものもございますけれども、そういったことを都政の中で議論する上でも、このような形でデータでもってやりとりをしていく、それによって職員の労働環境も変わっていく、そして、テレワークがこれによって進んでいくということになりますと、介護をしている最中の職員、育児をしている最中の職員などもですね、どの場にいても、仕事をするときはちゃんとできるという方法が整うわけでございます。『テレワーク、テレワーク』と長年言われていますが、なかなか定着しないのですけれど、是非都政においては、情報公開をこのような形で行うこと。それから、予算査定の現場でも、このようなICTなどを使った、ICTとは言わないけれども、データの共有によって議論をしていく。グローバルな会社だったら当たり前にやっていることを都政でしっかり進めていくということであります」

続きを読む

「ニュース」のランキング