産経ニュース

日米韓、次官協議で連携を確認 対北朝鮮の核・ミサイル開発で

ニュース 政治

記事詳細

更新


日米韓、次官協議で連携を確認 対北朝鮮の核・ミサイル開発で

5日、ワシントンで記者会見する(左から)韓国の林聖男外務第1次官、ブリンケン米国務副長官、杉山晋輔外務事務次官(共同) 5日、ワシントンで記者会見する(左から)韓国の林聖男外務第1次官、ブリンケン米国務副長官、杉山晋輔外務事務次官(共同)

 日米韓3カ国は5日、ワシントンで外務次官協議を行い、北朝鮮の核・ミサイル開発に対する3カ国の連携強化を確認した。協議に出席した杉山晋輔外務事務次官は日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に基づく情報共有の充実を求めた。

 協議では北朝鮮の核・ミサイルについて、「日米韓の安全を直接的に脅かす」との認識を共有。3カ国それぞれの独自制裁を調整し、相乗効果を高めることで合意した。

 また、中国が進める南シナ海での実効支配強化を念頭に「すべての国による航行と飛行の自由、国際法に基づく海洋利用の尊重」でも一致。南シナ海での自制と非軍事化の重要性も強調した。

 協議には杉山氏のほか、ブリンケン米国務副長官、韓国の林聖男外務第1次官が出席。杉山氏は3カ国の次官協議に先立ち、日米、日韓それぞれの2国間協議も行った。

「ニュース」のランキング