産経ニュース

【安倍首相真珠湾訪問】安倍晋三首相とオバマ米大統領が歩んだ4年間の軌跡 28日のハワイ会談で幕

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安倍首相真珠湾訪問】
安倍晋三首相とオバマ米大統領が歩んだ4年間の軌跡 28日のハワイ会談で幕

アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議後、オバマ米大統領(右)と歩きながら会話する安倍晋三首相=20日、リマ(AP) アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議後、オバマ米大統領(右)と歩きながら会話する安倍晋三首相=20日、リマ(AP)

 安倍晋三首相と米国のオバマ大統領は27日午前(日本時間28日午前)、米ハワイで首脳会談に臨み、両氏の4年間にわたる歩みに幕を閉じる。安倍首相は太平洋、インド洋、北極海に支配領域を拡張しようとする中国をにらみ、日本の民主党(当時)政権で破綻しかけた日米同盟の再構築を急いだ。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をめぐっても激しい交渉の末、署名にこぎ着けた。安倍、オバマ両首脳の4年間の軌跡を振り返った。

■冷めたスタート

 安倍、オバマ両首脳の初会談は平成25年2月22日、米ワシントンのホワイトハウスで開かれた。この前月、中国海軍艦艇が海上自衛隊護衛艦に向け、ミサイルを発射する際に対象を捕捉する射撃管制用レーダーを照射するなど、中国は東シナ海で挑発、威嚇行為をエスカレートさせていた。

 だが、当時の日米関係は冷え切っていた。民主党政権が日米公約となっている米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐって混乱を引き起こし、オバマ政権の対日不信は頂点に達していた。

 米国をアジア太平洋地域につなぎとめておくには、日本が果たしてきた役割のみならず、これから果たせる役割を米側に認識させる必要があった。安倍首相はこの会談で集団的自衛権の行使を容認する検討に入ったことを伝えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相とオバマ米大統領が歩んだ4年間の軌跡 28日のハワイ会談で幕
  • 安倍晋三首相とオバマ米大統領が歩んだ4年間の軌跡 28日のハワイ会談で幕
  • 安倍晋三首相とオバマ米大統領が歩んだ4年間の軌跡 28日のハワイ会談で幕

「ニュース」のランキング