産経ニュース

【単刀直言】連合の神津里季生会長「民進党と共産党の共闘ありえない」「目先の票以外のことを考えよ」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【単刀直言】
連合の神津里季生会長「民進党と共産党の共闘ありえない」「目先の票以外のことを考えよ」

連合の神津里季生会長=東京都千代田区(伴龍二撮影)  連合の神津里季生会長=東京都千代田区(伴龍二撮影) 

 共産党は民進党に次期衆院選で共闘する条件として「候補の相互推薦」や「共通政策の締結」を求めていますが、理屈上あり得ません。国会の場では、法案ごとに協力の有無を判断してもいいですが、選挙は政策の部分的なつまみ食いは許されませんからね。

 そもそも両党は目指す国家像が全く違う。いわば全然違う「道」を走る存在です。今は近くに寄っているように見せているかもしれないが、「じゃあ同じ道路を一緒に走ろう」とはなりません。相互推薦などとなれば「それは違う」と言わざるを得ませんね。

 ましてや、政権選択選挙の衆院選でそんなことをしたら、民進党が政権党に戻る道を自ら遠ざけてしまいます。蓮舫代表や野田佳彦幹事長と話している限り、その点のブレはないと信じています。引き続き意見交換を重ねていきます。

共産、何を目指す党か

 民進党は7月の参院選で共産党と候補者調整をしました。ある程度の票の上積みはあったかもしれません。しかし、その「ある程度」で未来永劫満足する政党でいいのでしょうか。

 野党が弱い現状で、候補を乱立して勝てるわけはない。候補一本化はあってしかるべきです。ただ、地域の事情やいきさつを振り返りながら、これからどう民進党として主体的に戦っていくのか。そのことが問われているのです。

続きを読む

「ニュース」のランキング