産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】最後の定例会見 1年を振り返り「爆発の年になりました」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
最後の定例会見 1年を振り返り「爆発の年になりました」

定例会見に臨む東京都の小池百合子知事=22日午後、東京都庁(松本健吾撮影) 定例会見に臨む東京都の小池百合子知事=22日午後、東京都庁(松本健吾撮影)

 「それから、同じく、今度は食品ロスなのですけれども、これは2020年のオリンピック・パラリンピック大会のときにも大変注目されることになりますが、これも結構大胆なアイデアを出しておるところでございます。もったいないという意識の定着ということで、食品ロスを削減いたします。2030年度までには食品ロスを半減にする。ゼロと言いたいところなのですけれども、まずは半減です。どうぞ皆さん、今日のお食事も残さず食べてください」

 「それから、レジ袋、これの無償配布というか、レジ袋はもう使わないということ。既にフランスでは導入をしておりまして、要はエコバッグ持っていくというのが当たり前の生活スタイルになっているということから、これを無償でつけますよというのは、もうタダはなしという話にいたします。私のかわいいエコバッグをどうぞお持ちいただければと思います」

 「それから、暑さ対策でありますけれども、クールエリアの創出ということ。これは、オリンピック・パラリンピックにも関係します。ミストがピャーと出る。クールエリアを6エリア程度に広げてまいります。それから、これもパラリンピック絡み、オリンピック・パラリンピック絡みでありますけれど、照り返し、ヒートアイランド現象、それを防ぐための遮熱の舗装、保水性の舗装ということですが、2020年までに約136キロメートル。これはまだ、ちょっと低いあれです。何というのか、設定になればいいな。つまり、こういうのは使えば使うほど、スケールメリットで安くなりますから。私はこういったことはしっかり取り組むべきだと思います」

 「次、国際金融都市でありますが、これはまた別途お話しさせていただきますけれども、金融の活性化というのは極めて重要だと申し上げました。イギリスのGDPの12%は金融業からなるものであります。日本は5%、これを倍にするだけで10%で、先ほどのアベノミクスうんぬんかんぬんの話も、これによって大きく伸びる可能性がある。しかしながら、この金融活性化というのは、もう何十年も、ずっと言い続けて、よく進んでいないということでありまして、検討会、懇談会を設けたところであります」

続きを読む

このニュースの写真

  • 最後の定例会見 1年を振り返り「爆発の年になりました」

「ニュース」のランキング