産経ニュース

【プーチン大統領来日】日露首脳、北方領土の共同経済活動で合意 安倍晋三首相「両国の特別な制度で」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【プーチン大統領来日】
日露首脳、北方領土の共同経済活動で合意 安倍晋三首相「両国の特別な制度で」

ロシア大統領として11年ぶりに来日したプーチン氏(左)を出迎える安倍晋三首相=15日午後、山口県長門市(代表撮影) ロシア大統領として11年ぶりに来日したプーチン氏(左)を出迎える安倍晋三首相=15日午後、山口県長門市(代表撮影)

 安倍晋三首相は15日夜、山口県長門市の温泉旅館「大谷山荘」でロシアのプーチン大統領と会談した。両首脳は北方領土問題を含む平和条約締結について2人だけで議論し、北方領土で日露両国が共同経済活動を開始することで合意した。16日、首相公邸での共同記者会見で両首脳が声明を発表する。また両氏は外務・防衛閣僚級協議(2プラス2)を再開する方向で一致した。

 共同経済活動について、首相は会談後、「日露双方が新しいルールに基づいて行う」と周囲に述べており、今後、両政府が具体的な制度を協議する。漁業や観光、医療、環境などの分野で活動の準備が進むとみられる。

 会談は1時間半の少人数の会合を行った後、両首脳が通訳だけを交えて1時間半話し合った。首相は会談後、記者団に「元島民の故郷への自由訪問、四島における両国の特別な制度のもとでの共同経済活動、平和条約の問題について率直かつ突っ込んだ議論ができた」と述べた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日露首脳、北方領土の共同経済活動で合意 安倍晋三首相「両国の特別な制度で」

「ニュース」のランキング