産経ニュース

年金法案とIR法案、成立へ 野党は内閣不信任案で徹底抗戦、ずれ込みなら会期再延長

ニュース 政治

記事詳細

更新


年金法案とIR法案、成立へ 野党は内閣不信任案で徹底抗戦、ずれ込みなら会期再延長

当初の予定より遅れて始まった参院本会議=14日午後 当初の予定より遅れて始まった参院本会議=14日午後

 参院は14日午後の本会議で年金制度改革法案の採決を行い、与党などの賛成多数で可決する見通しだ。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案も、13日に参院内閣委員会で可決した修正案を自民党などの賛成多数で可決、衆院に回付した上で本会議で同意多数により成立する運び。民進党などの野党は安倍晋三内閣への不信任決議案などを提出して抵抗する構えだが、与党は14日までの会期の数日間の再延長も視野に今国会成立を期す。

 民進、共産、自由、社民の野党4党の幹事長・書記局長らは14日、国会内で会談し、内閣不信任決議案を提出することで一致した。民進党は伊達忠一参院議長の不信任決議案を提出した。いずれも与党などの反対多数で否決されるのは確実だが、野党4党は衆院でさらに委員長らの不信任決議案の提出も検討している。この影響で両法案の成立は14日夕方以降となる見通しだ。

 民進党の蓮舫代表は14日の参院議員総会で、IR法案について「立法府の品格をかけて今日は皆さんと一緒になって廃案への道筋をつけていきたい」と呼びかけた。

続きを読む

「ニュース」のランキング