産経ニュース

【小池知事定例会見録(上)】特区…「『幻の焼酎』を飲みながら星を眺める。これはいいなと」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録(上)】
特区…「『幻の焼酎』を飲みながら星を眺める。これはいいなと」

定例会見に臨む小池百合子東京都知事=9日午後、東京都庁(桐山弘太撮影) 定例会見に臨む小池百合子東京都知事=9日午後、東京都庁(桐山弘太撮影)

 【質疑応答】

 --まず予算編成に向けた業界団体のヒアリングについて。57団体という規模感は十分なのかどうか。2点目は、オリンピックのバレーボール会場についてで、どのようなスケジュール感で結論を出すと考えているのか。3点目は築地市場の問題について。補償財源について、「業者の市場使用料を直接財源に充てることは適当ではない」という答弁が都議会であったが、どのような形が望ましい考えいるのか

 「3点のご質問でございました」

 「まず、57団体のヒアリング、これで十分なのかどうかといったご趣旨のご質問ではなかったかと思います。それに加えまして、区市町村の3団体からのご意見も伺うということでございます。対象団体は果てしなくたくさんございます。それぞれが皆さん頑張って、是非次の予算でこういった点を強化してほしいというご要望を伺っているところでございます。そういった中で、皆様方の生の声、それから関係する団体、ざっと数えて1万7000団体はあるのですけれども、あと、私自身も長年いろいろ活動していた国会議員として、周年行事にお招きを受けたりとか、実際にご要望受けたりとかいろいろ接点もございますけれども、いずれにしても、ヒアリングをできるだけ多く、そしてまた書面でもいただいているケースもございます。それぞれの分野に応じて、各局で受けているところもございます。そういったところを私自身もしっかり受け止めて、できるだけ多くの生の声、そしてご要望、それが書面であれ何であれ、しっかりと受け取らせていただきまして、1月から始まる知事査定を通じて、都民の皆様に共感いただけるような、そんな予算編成にしてまいりたいと思います」

続きを読む

このニュースの写真

  • 特区…「『幻の焼酎』を飲みながら星を眺める。これはいいなと」

「ニュース」のランキング