産経ニュース

経産省、大阪万博誘致で16日に有識者初会合 ノーベル賞受賞の京大・山中教授ら委員に

ニュース 政治

記事詳細

更新


経産省、大阪万博誘致で16日に有識者初会合 ノーベル賞受賞の京大・山中教授ら委員に

 経済産業省は2日、大阪府などが誘致を目指す2025年の国際博覧会(万博)について、大阪府の基本構想と立候補を議論する有識者検討会の初会合を16日に開催すると発表した。検討会のメンバーにはノーベル賞受賞者の京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授も起用される。

 世耕弘成経産相は同日の閣議後会見で「世界に対して、健康医療、食、テーマを訴求していく。日本および大阪の魅力の発信も重要だ」と抱負を述べた。

 検討会は経団連の古賀信行副会長を座長とし、地元自治体や経済界、学識経験者などで構成する。パナソニックの松下正幸副会長や元五輪マラソン代表でスポーツライターの増田明美さんや吉本興業の大崎洋社長らも名を連ねている。

 2025年の万博をめぐっては、11月22日にフランス・パリが立候補を表明している。

関連ニュース

大阪万博誘致へ有志議員が超党派議連設立 松井一郎大阪府知事「万博は日本引っ張る仕掛け」と強調

「ニュース」のランキング