産経ニュース

年金制度改革法案が参院で審議入り 安倍晋三首相「世代間の公平性確保は責任ある対応」と意義強調 民進は「年金カット法案」と反発

ニュース 政治

記事詳細

更新


年金制度改革法案が参院で審議入り 安倍晋三首相「世代間の公平性確保は責任ある対応」と意義強調 民進は「年金カット法案」と反発

参院本会議で、年金制度改革法案について、自民党の園田修光氏の質問に答弁する安倍晋三首相=2日午前、国会(斎藤良雄撮影) 参院本会議で、年金制度改革法案について、自民党の園田修光氏の質問に答弁する安倍晋三首相=2日午前、国会(斎藤良雄撮影)

 年金支給額の抑制を強化する年金制度改革法案が2日午前の参院本会議で審議入りした。安倍晋三首相は「支え手である現役世代の負担能力に応じた給付とする見直しを行う。世代間の公平性を確保する見直しは責任ある対応だ」と述べ、理解を求めた。

 「年金カット法案」と批判する民進党の川合孝典氏は「目先の財源論だけで年金のカットを行えば、将来さらなる財政支出を迫られる危険性がある」と訴え、法案取り下げを求めた。

 与党は6日の参院厚生労働委員会で審議を始め、会期末の14日の本会議での成立を目指している。

このニュースの写真

  • 年金制度改革法案が参院で審議入り 安倍晋三首相「世代間の公平性確保は責任ある対応」と意義強調 民進は「年金カット法案」と反発
  • 年金制度改革法案が参院で審議入り 安倍晋三首相「世代間の公平性確保は責任ある対応」と意義強調 民進は「年金カット法案」と反発
  • 年金制度改革法案が参院で審議入り 安倍晋三首相「世代間の公平性確保は責任ある対応」と意義強調 民進は「年金カット法案」と反発
  • 年金制度改革法案が参院で審議入り 安倍晋三首相「世代間の公平性確保は責任ある対応」と意義強調 民進は「年金カット法案」と反発

関連ニュース

年金改革法案が衆院通過 会期14日間延長も決定、参院日程は綱渡り

「ニュース」のランキング