産経ニュース

OPEC減産合意の影響「中長期的に注視」 石原再生相

ニュース 政治

記事詳細

更新


OPEC減産合意の影響「中長期的に注視」 石原再生相

石原伸晃・経済再生担当相 石原伸晃・経済再生担当相

 石原伸晃経済再生担当相は2日午前の閣議後会見で、石油輸出国機構(OPEC)による8年ぶりの原油減産合意が日本経済に与える影響について、「中長期的な目でしっかり注視していくことが肝要だ」と述べた。

 1日は外国為替市場では減産合意を好感して円安ドル高が進み、東京株式市場では日経平均株価の終値が、前日比204円64銭高の1万8513円12銭と年初来高値を更新した。

 石原担当相は「原油価格は需給のほか投機にも影響される。ガソリン価格など(への反映)はタイムラグもあり、物価動向への影響は、少し長い目で見なければならない」とした。

 さらに、「減産合意がどう履行されていくのか、見極める必要がある」とも指摘した。

関連ニュース

【OPEC減産合意】ロシアも減産に協調 OPEC合意を評価

「ニュース」のランキング