産経ニュース

【民進・蓮舫代表会見詳報(1)】IR法案「常に民意には敏感でいたい」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【民進・蓮舫代表会見詳報(1)】
IR法案「常に民意には敏感でいたい」

参院TPP特別委員会で質問する民進党の蓮舫代表=24日午後、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影) 参院TPP特別委員会で質問する民進党の蓮舫代表=24日午後、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

 国会で、委員会で決められたことが全く無視される形で議員立法であるにもかかわらず、与党が強行にいわゆる『つるし』をおろし、委員長の職権で委員会が立てられ、法案の審議が強行に進められ、野党との話し合いを持つ場もなく、採決かという話まで出ているのは極めて納得できない。

 国会軽視、あまりにも立法府をばかにしている態度だ。加えてこのカジノ法案の中身が国民の理解を得られているのか、どうなのかという部分も、1つの大きな疑問だということは申し添える。私からは以上だ。

 ■質疑

 --IR法案。本日の党部門会議で党内議論が初めて行われた。賛否の結論はでなかったが、2日に委員会採決が行われた場合の党の対応は

 「まず部門の中でも、今回の与党の強引な手法に対して、やはりいろいろな意見が出たと承知している。その意味でこの後NC(次の内閣)会合が開かれるので、NCの中でも議論をする。私たちの態度はまだ決定はしてない」

 --与党がIR法案を急ぐ背景には日本維新の会との関係で話し合いができており、今国会中に成立させることで話がついているとの指摘がある。自民党と日本維新の会の動きをどうみているのか

続きを読む

関連ニュース

【参院TPP特別委】日本のこころ・中野正志幹事長「政権が獲れない前提」。蓮舫氏のトランプ氏批判に皮肉

「ニュース」のランキング