産経ニュース

【カジノ解禁法案】「カジノ解禁法案」成立の公算 見通し甘かった公明 民進は党内対立回避で、あえて「決められない政治」発動

ニュース 政治

記事詳細

更新

【カジノ解禁法案】
「カジノ解禁法案」成立の公算 見通し甘かった公明 民進は党内対立回避で、あえて「決められない政治」発動

 だが、自民党の二階俊博幹事長は先週、井上義久幹事長に成立を目指す意向を水面下で伝え、圧力を強めた。来年の通常国会で内閣委は天皇陛下のご譲位に関する法案を扱う可能性が高い。そうなれば後回しは必至で、自民党は延長された今国会は成立に向けた千載一遇の好機と判断した。

 自民党は維新との連携でも公明党を揺さぶった。菅(すが)義偉(よしひで)官房長官も与党幹部会合で「IR推進法案をお願いしたい」と迫り、「外堀」は埋められていった。

 民進党も対応に苦慮する。1日の部門会議には約40人が出席し、賛否が割れた。その後の「次の内閣」会合でも結論は出ず、対応を国対委員会に一任した。 党幹部は「自民党が採決を急ぐ異常な状況下では党がまとまって反対するしかない」と語る。推進派には、慎重派の蓮舫代表と距離を置く非主流派が多い。執行部は意思統一を避けることで、党内対立が深刻化しないよう配慮した形だ。

 蓮舫氏は1日の記者会見で「(党内は)一枚岩だと言い切れる」と強弁したが、旧維新の党グループの幹部は「蓮舫体制はガバナンスが欠如している」と批判。民主党政権時代の「決められない政治」がまたも露呈しつつある。

 一方、法案が6日に衆院を通過しても、自民党には不安が残る。参院内閣委は火、木曜日が定例日で8、13両日の審議を経て閉会日の14日に成立を図る考えだが、参院内閣委員長は民進党議員が務める。

 同党が反発する年金制度改革法案も同じ審議日程で成立を目指しており、想定外の事態が発生すればIR法案の成立にも暗雲が漂うことになる。

関連ニュース

「カジノ解禁法案」今国会成立の公算 公明賛成へ 2日に衆院委採決

「ニュース」のランキング