産経ニュース

【小池百合子知事の都議会所信表明全文(2)】「情報公開は信頼回復への一丁目一番地、都政への期待も高める」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池百合子知事の都議会所信表明全文(2)】
「情報公開は信頼回復への一丁目一番地、都政への期待も高める」

東京都議会本会議 所信表明に臨む、小池百合子都知事=1日午後、東京都庁(宮川浩和撮影) 東京都議会本会議 所信表明に臨む、小池百合子都知事=1日午後、東京都庁(宮川浩和撮影)

 改革を進めるための一番のツールは情報公開の徹底でございます。情報公開は信頼回復への一丁目一番地であることはもとより、これを進めて官民の知恵を結集させていきますと、幅広い課題にスピーディーに取り組むことができ、都政への期待を高めることにもつながってまいります。来年度予算案の編成におきましては、都議会の皆さま、各種団体の皆さまなどからご意見やご要望をオープンな場でうかがうことで、都民の声を最大限反映させ、都政の見える化を推し進めることといたします。そして、これまでの政党復活予算の仕組みにつきましては、終了とさせていただきます。先月には業務の適正の保持のため、弁護士を窓口に都民の皆さまからも通報を受け付ける新たな公益通報制度も開始したところであります。

 加えまして、各局では自立的に進める改革の項目をすでに300以上あげて、若手職員の意見を施策の形成や業務改善に反映させる仕組みなど、前向きな検討を行っております。その状況につきましては順次公表するとともに、今後は政策や事業の見直しに向けました自主点検など、一段高い取り組みも進めてまいりたいと思います。職員の意見が直接私に届く職員目安箱にも、職務の改善案などが数多く寄せられております。引き続き、全庁的に改革マインドを醸成しながら、情報公開と自律改革を進めていくことによりまして、一歩ずつ都民の皆さまからの信頼を回復し、都民とともに進める都政を実現をしてまいりたいと考えております。=(3)に続く

このニュースの写真

  • 「情報公開は信頼回復への一丁目一番地、都政への期待も高める」

関連ニュース

【小池百合子知事の都議会所信表明全文(3)】地震対策、電柱ゼロ、バリアフリー…「東京を、優しさあふれる都市へ進化」

「ニュース」のランキング