産経ニュース

【小池百合子知事の都議会所信表明全文(1)】「東京五輪の膨張する大会経費に歯止めをかける必要と責任が、私にある」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池百合子知事の都議会所信表明全文(1)】
「東京五輪の膨張する大会経費に歯止めをかける必要と責任が、私にある」

小池百合子都知事=1日午後、東京都庁(宮川浩和撮影) 小池百合子都知事=1日午後、東京都庁(宮川浩和撮影)

 東京都の小池百合子知事は1日午後、都議会定例会の本会議で所信表明を行い、2020年東京五輪・パラリンピックの開催費用圧縮についてや、豊洲市場(江東区)の盛り土問題での対応などについて、自らの考えを述べた。所信表明の全文は以下の通り。

     

 平成28年第4回都議会定例会に開会にあたりまして、改めて都政運営に対する私の所信の一端を述べさせていただきます。

 三笠宮崇仁親王殿下におかれましては、10月27日、ご薨去(こうきょ)なされました。ご回復を願っていましたが、残念でなりません。ここに都民を代表いたしまして、謹んで哀悼の意を表したいと存じます。

 東京大改革という旗を掲げ、知事に就任いたしましてはや4カ月となります。

 東京大改革とは都政を透明化し、常に情報を公開し、都民とともに進める都政、都民ファーストの都政を実現することであります。全ての施策、お金の使い道が真に都民の利益にかなうものなのか、それを常に念頭におき行動をして参りました。そのため、就任直後からの100日間は、まず都政のさまざまな課題を掘り起こすことに邁進(まいしん)をして参りました。連日、メディアでも都政が主題に取り上げられ、都議会の様子もかつてないほどに注目を集めました。より多くの都民の皆さまに都政を、都議会を注視していただくことは、非常に重要なことであると考えております。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「東京五輪の膨張する大会経費に歯止めをかける必要と責任が、私にある」

関連ニュース

【小池百合子知事の都議会所信表明全文(2)】「情報公開は信頼回復への一丁目一番地、都政への期待も高める」

「ニュース」のランキング