産経ニュース

「保守王国・新潟」壊滅危機…自民党系候補が惨敗続き 田中真紀子氏とともに党も凋落の一途

ニュース 政治

記事詳細

更新


「保守王国・新潟」壊滅危機…自民党系候補が惨敗続き 田中真紀子氏とともに党も凋落の一途

「田中王国」と呼ばれ、自民党の牙城だった新潟はガタガタだ(写真は角栄氏) 「田中王国」と呼ばれ、自民党の牙城だった新潟はガタガタだ(写真は角栄氏)

 「保守王国」と呼ばれた新潟県から、自民党の衆院議員が壊滅しかねない-。そんな噂が永田町でささやかれている。新潟といえば「今太閤」と呼ばれた田中角栄元首相の地元だが、最近の参院選や知事選で自民党系候補が惨敗しているのだ。危機感を抱いた執行部も対策に乗り出した。(夕刊フジ)

 現在、新潟県の自民党衆院議員は6人いる。全6選挙区のうち、選挙区5人、比例復活1人という内訳だ。

 このうち、長島忠美氏(新潟5区、当選4回)と、高鳥修一氏(同6区、同3回)には安定感があるが、それ以外の4人は当選2回の若手だ。前回衆院選は自民党に追い風が吹いていたが、若手のうち3人は数千票差のギリギリで議席を確保している。

 新潟県では今年、7月に参院選、10月に知事選が行われ、自民党系候補が連敗した。特に党執行部は「知事選敗北」にショックを受けたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「保守王国・新潟」壊滅危機…自民党系候補が惨敗続き 田中真紀子氏とともに党も凋落の一途

関連ニュース

【政界徒然草】自民最大派閥の清和研でも“落選予備軍”続々… 野党に逆転される6人には、五輪メダリストも

「ニュース」のランキング