産経ニュース

「もんじゅ」に代わる高速炉開発 30年めどに工程表作成

ニュース 政治

記事詳細

更新


「もんじゅ」に代わる高速炉開発 30年めどに工程表作成

 政府は30日、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(福井県)に代わる高速炉の開発方針を議論する「高速炉開発会議」の第3回会合を開き、平成30年をめどに工程表を作成するなどとした高速炉開発方針の骨子を示した。来年初頭にも作業部会を新設し、今後10年程度で取り組む課題などを具体化させる。

 会議ではもんじゅについて、今後、動かさなくても海外との連携や、高速実験炉「常陽」(茨城県)など国内の施設を使った他の手段で、十分な知見は得られるとする認識で一致。骨子では高速炉開発の目標を高い安全性と経済性を両立した「世界最高レベルの高速炉」と設定し、使用済み燃料を再利用する核燃料サイクルを推進することも再確認した。

 政府は年内に原子力関係閣僚会議を開き、もんじゅの扱いや、骨子に基づいて作成する高速炉の開発方針を正式決定する予定。

関連ニュース

【原発最前線】消えゆくもんじゅの“断末魔の叫び”か…廃炉めぐり飛び交う不可解な情報

「ニュース」のランキング