産経ニュース

【天皇陛下譲位】憲法学者らヒアリング詳報 5人中4人が譲位容認 高橋和之東大名誉教授「特例法も憲法上可能」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
憲法学者らヒアリング詳報 5人中4人が譲位容認 高橋和之東大名誉教授「特例法も憲法上可能」

天皇陛下の譲位をめぐる有識者会議は3回にわたり計16人の専門家からヒアリングを行ったが、賛否は拮抗していた=30日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)臨む麗澤大学教授の八木秀次氏(中央)=30日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 天皇陛下の譲位をめぐる有識者会議は3回にわたり計16人の専門家からヒアリングを行ったが、賛否は拮抗していた=30日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)臨む麗澤大学教授の八木秀次氏(中央)=30日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

■大石真・京大大学院教授(憲法学)

 「日本人の平均寿命が80歳を超える高齢社会を迎えた今日、天皇の終身在位制は、広範囲にわたる公務の遂行とは両立しがたい状況にいたっており、退位を認めるべきである。高齢を理由とする執務不能という事態は今後も十分に起こり得ることや、特例法による場合は皇位継承に関する規範の複合化を招き、憲法が『皇室典範』と規定している趣旨に合致しない恐れがあることから、恒久的なものに制度改正すべきである」

 --憲法2条のいう皇室典範には皇室典範の特例を定める特別法も含まれる、という見解もあるが、どう考えるか

 「憲法の趣旨に照らし、規範の複線化を招くような特例法はもともと予定されていない」

 --退位を定める法形式として、皇室典範の中に別法で定める旨の根拠規定を設ければよいか

 「皇室典範の付則で規定する方法も考えられるが、制度としては望ましくなく、皇室典範にきちんと規定すべきである」

 --退位の事由は定めず手続きだけ定めるとのことだが、高齢を理由とすることはどのように担保するのか。

 「法律に規定しなくても、皇室会議で確認すれば問題ないのではないか」

続きを読む

関連ニュース

【阿比留瑠比の極言御免・特別版】譲位を政争の具にするな! 有識者会議に異論唱える民進&朝日に漂う嫌な空気

「ニュース」のランキング