産経ニュース

【天皇陛下譲位】憲法学者らヒアリング詳報 5人中4人が譲位容認 高橋和之東大名誉教授「特例法も憲法上可能」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
憲法学者らヒアリング詳報 5人中4人が譲位容認 高橋和之東大名誉教授「特例法も憲法上可能」

天皇陛下の譲位をめぐる有識者会議は3回にわたり計16人の専門家からヒアリングを行ったが、賛否は拮抗していた=30日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)臨む麗澤大学教授の八木秀次氏(中央)=30日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 天皇陛下の譲位をめぐる有識者会議は3回にわたり計16人の専門家からヒアリングを行ったが、賛否は拮抗していた=30日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)臨む麗澤大学教授の八木秀次氏(中央)=30日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 --象徴天皇は活動を通じて国民の信頼を得ることが重要である、という考え方があり、世論もそれを支持していることについてどう考えるか

 「さまざまな活動を行うことが、将来にわたる天皇の本質的な務めであるかどうかは疑問であり、天皇に対する能力評価につながりかねない」

 --終身在位における象徴天皇としての威厳や尊厳についてどう考えるか

 「天皇は存在することが重要であり、尊厳の確保は別途検討すべきだが、そのことが退位に直結するとは思われない」

 --天皇の地位は国民の総意に基づくとされている。世論や国会の意思によって決められるのでは

 「国民の総意とは過去、現在、未来の国民の意思であり、伝統も重視する必要がある。そのときどきの世論に左右されてはならない」

■百地章氏・国士舘大大学院客員教授(憲法学)

 「憲法を踏まえれば、天皇のご存在そのものが日本国の象徴であるということにとどまらず、天皇が国民統合の象徴とされていること、人格が象徴とされていることから、何らかの国民統合のための具体的な行為、行動、これが期待されていると考えることができる」

続きを読む

関連ニュース

【阿比留瑠比の極言御免・特別版】譲位を政争の具にするな! 有識者会議に異論唱える民進&朝日に漂う嫌な空気

「ニュース」のランキング