産経ニュース

【小池氏VS森氏 まとめ読み】トップ級会合の場で火花 バレーボール会場のクリスマスまで結論先送りに森喜朗氏は…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池氏VS森氏 まとめ読み】
トップ級会合の場で火花 バレーボール会場のクリスマスまで結論先送りに森喜朗氏は…

IOC、組織委、都、政府の4者によるトップ級会合=29日、港区 IOC、組織委、都、政府の4者によるトップ級会合=29日、港区

 2020年東京五輪・パラリンピックの会場見直しを巡り、国際オリンピック委員会(IOC)、大会組織委員会、都、政府の4者が議論した29日のトップ級会合では、バレーボール会場について、小池百合子知事と大会組織委の森喜朗会長が公開の場で火花を散らせました。

 開始予定の午後2時までに席に着いた森氏とは対照的に、小池氏は約10分遅れて最後に会場入り。小池氏はボート、カヌー・スプリントの宮城県開催などの“断念”と、バレーボール会場についてはクリスマスまで結論を先送りすることを説明しました。

 有明アリーナ(東京都江東区)の新設か、既存の横浜アリーナ(横浜市)を使うか判断するに当たり「クリスマスまでに何をおやりになるのか」と顔をしかめた森氏。「あと1カ月で横浜の了解が得られるのか」「受け入れられると判断しているのですね」と畳み掛けましたが、小池氏は「そのことを期待している」などと笑顔で返しました。

 会合は途中の一部を非公開とする予定でしたが、最後まで報道陣に公開されたまま1時間余りで終了しました。

 産経ニュースでは、小池氏と森氏をめぐる記事を掲載しています。下記のリンクからご覧ください。

【東京五輪】五輪会場4者協議 主なやりとり 小池百合子知事「被災地の現状発信する機会を」 森喜朗氏「横浜が迷惑していると聞いた」

【五輪会場見直し4者協議】小池百合子都知事「横浜」にこだわり 森喜朗会長「地元が迷惑している」

【五輪会場見直し4者協議】計画「見直し」か「維持」か 小池百合子都知事と森喜朗会長が応酬

【五輪会場見直し4者協議】バレー会場「クリスマスまでに最終結論」と小池百合子都知事 ボートは「海の森」、長沼は事前合宿で活用へ

関連ニュース

【小池百合子都政】東京の大学はダメ? 小池知事が他知事の新設制限案を批判

「ニュース」のランキング