産経ニュース

【東京五輪】突然のバレー会場「延長戦」に都幹部「小池百合子知事は3連敗避けたかったのだろう」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【東京五輪】
突然のバレー会場「延長戦」に都幹部「小池百合子知事は3連敗避けたかったのだろう」

東京都の小池百合子知事(寺河内美奈撮影) 東京都の小池百合子知事(寺河内美奈撮影)

 東京五輪の会場計画見直しを協議したトップ級会合。「まず都としての考え方を申し述べる」。冒頭の発言の場で、小池百合子知事はいきなり長沼ボート場(宮城県)での開催を取り下げ、バレー会場選定で「延長戦」を求めた。

 大会組織委員会関係者が「全く予想していなかった」と驚く展開だった。

 コスト削減を目的に知事が着手した改革は苦しい状況に追い込まれていた。自ら設置した調査チームが建設中止も含めて見直し対象とした3会場のうち、ボート、カヌー・スプリントは長沼が東京から遠いことなどから競技団体の反発が強く断念。水泳センターは座席数こそ減らしたが会場変更には至らなかった。

 「知事サイドはとにかく目に見える改革の成果がほしい」(組織委関係者)。最後にこだわったのがバレー会場。都幹部は29日の知事の戦略を「一気に3連敗だけは避けたかったのだろう。自分から延期を持ち出すことで、今回は2敗にとどめておきたかったというのが本音では」とみた。

関連ニュース

【東京五輪】「小池百合子さんに少しがっかりした人多い」「小池劇場の正念場」と漫画家の倉田真由美さん

「ニュース」のランキング