産経ニュース

【激震・朴政権】日本政府にも衝撃 日韓合意の履行に懸念 北朝鮮への対応、日中韓首脳会談の行方は

ニュース 政治

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
日本政府にも衝撃 日韓合意の履行に懸念 北朝鮮への対応、日中韓首脳会談の行方は

大阪市東成区のコリアタウンの街頭テレビに映し出された、任期満了前の辞任に言及する韓国の朴槿恵大統領=29日午後 大阪市東成区のコリアタウンの街頭テレビに映し出された、任期満了前の辞任に言及する韓国の朴槿恵大統領=29日午後

 韓国の朴槿恵大統領が任期満了前の辞意を表明したことで、日本政府内にも衝撃が走った。慰安婦像の撤去を含む昨年末の日韓合意の履行や、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮に対する日米韓の連携にも悪影響を及ぼすのではないかとの懸念も出ている。

 岸田文雄外相は29日、日韓合意の履行について記者団に「両政府が合意の中身を誠実に履行することが重要であり、それに尽きる」と強調した。だが、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の撤去は見通しがついていないのが現状だ。次期政権では反日ムードが強まり、朴氏のもとで行われた合意が破棄されたり、慰安婦問題が蒸し返されたりする可能性も否定できない。ある日本政府関係者は「慰安婦問題の完全解決をうたった日韓合意は国際社会に向けて発表されている。ほごにすれば韓国がダメージを受けることになる」と述べた。

 日韓両政府は23日に防衛機密を共有する際の情報漏洩を防ぐ手続きを定めた軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結したばかりだ。今後、防衛交流の拡充に着手しようというタイミングでの朴氏の辞意表明は、日本政府にとって意表を突かれた格好だ。また韓国が親北色を強めれば日米韓の協力に悪影響が出かねず、外務省幹部は「影響が出ないように注視していくしかない」と話す。

 一方、年内の日中韓首脳会談の開催について、岸田氏は記者団に「議長国として年内に開催に向け努力する方針に全く変わりない」と表明した。野上浩太郎官房副長官も記者会見で「引き続き努力していく」と強調した。日本政府は、朴氏の代理で黄教安首相が出席することもあることを前提に、中国に来月中旬の開催を打診しているが、開催の見通しは立っていない。

関連ニュース

【激震・朴政権】日韓議連幹事長の自民・河村建夫氏「日韓合意の約束は生かして」

「ニュース」のランキング