産経ニュース

【激震・朴政権】自民・二階俊博幹事長「慰安婦問題、日韓合意ある」 影響は楽観視

ニュース 政治

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
自民・二階俊博幹事長「慰安婦問題、日韓合意ある」 影響は楽観視

自民党の二階俊博幹事長(斎藤良雄撮影) 自民党の二階俊博幹事長(斎藤良雄撮影)

 自民党の二階俊博幹事長は29日、韓国の朴槿恵大統領の辞意表明について「最も親交の深い韓国であり、朴大統領とも良い関係を保ってきただけに残念だ」と述べた。党本部で記者団に語った。

 二階氏は、慰安婦問題を巡る日韓合意やソウルの日本大使館前にある慰安婦像の撤去ついて「影響がないとはいえない」としつつ、「国と国の約束だ。韓国が落ち着けば、もう一度話し合う機会があると思う。私は楽観的にみている」と述べた。

 日本での年内開催で調整している日中韓首脳会談については「(日本は)議長国なので、年内開催で調整する努力はしなければならない」と述べた。

関連トピックス

関連ニュース

【激震・朴政権】朴槿恵大統領の国民向け談話全文「100回でも謝罪」

「ニュース」のランキング