産経ニュース

政府の農業改革方針決定に「お決まりの茶番劇のよう」 民進・大串博志政調会長が談話

ニュース 政治

記事詳細

更新


政府の農業改革方針決定に「お決まりの茶番劇のよう」 民進・大串博志政調会長が談話

 談話全文は以下の通り。

     

 安倍政権による「農業・農協改革」について(談話)

 民進党政務調査会長 大串博志

 本日、政府の「農林水産業・地域の活力創造本部」にて、農協改革案を含む「農林水産業・地域の活力創造プラン」が決定された。

 安倍政権による2015年の農協法改正、2016年11月28日発表の規制改革推進会議の「農協改革に関する意見」、自民党による「農業競争力強化プログラム」とともに、いずれも国際的な価値基準である協同組合原則を軽視し、民間組織である協同組合の経営に対する過剰な介入である。

 政府・与党は、規制改革推進会議なる第三者組織の意見として「高めのボール」を投げさせ、一方で、自民党農林系議員は反対する姿勢を見せつつ調整役を演じているが、お決まりの「茶番劇」のようにも見受けられる。安倍政権に農家の所得向上に真剣に取り組む姿勢がないこと、協同組合を産業政策の道具としてしか認識していないことは、もはや明白である。

続きを読む

関連ニュース

【政治資金】農業団体、TPP警戒 自民に献金

「ニュース」のランキング