産経ニュース

公明・山口那津男代表、IR法案「議論の行方に予断を持っていない」

ニュース 政治

記事詳細

更新


公明・山口那津男代表、IR法案「議論の行方に予断を持っていない」

山口那津男・公明党代表 山口那津男・公明党代表

 公明党の山口那津男代表は29日午前の記者会見で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案について「議論すること自体は否定しないが、幅広く合意を作って進めるべきだ」と述べ、改めて慎重な姿勢を示した。

 自民党などは12月14日までの会期延長を念頭に、今国会での法案成立を目指す中、山口氏は「この法案の議論の行方がどうなるか、予断を持っていない」と述べるにとどめた。

関連ニュース

カジノ法案今週審議入りも 自民・竹下亘国対委員長「環境が整ってきた」 民進・野田佳彦幹事長「急ぐテーマではない」

「ニュース」のランキング