産経ニュース

IR法案審議入りへ 衆院で付託決定

ニュース 政治

記事詳細

更新


IR法案審議入りへ 衆院で付託決定

 衆院議院運営委員会は29日午後、自民党や日本維新の会などが取り組むカジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案について、内閣委員会に付託することを自民、公明、維新各党の賛成多数で可決した。民進、共産両党は反対した。与党は30日の内閣委で審議入りさせる方針だ。ただ、会期を14日まで延長しても審議日程は窮屈な上、公明党も慎重審議を求めており、今国会の成立は見通せていない。

 同法案は民進党の反発で内閣委に付託できない状態が続いていたため、与党は議運での採決に踏み切った。通常は与野党合意により付託を決める。

関連ニュース

民進・山井和則国対委員長 IR法案の審議入りに否定的な考え示す

「ニュース」のランキング