産経ニュース

自民・二階俊博幹事長「支持率が高いからと怠けていたら差し替える」衆院選公認候補で言及 「国会は秋の空」

ニュース 政治

記事詳細

更新


自民・二階俊博幹事長「支持率が高いからと怠けていたら差し替える」衆院選公認候補で言及 「国会は秋の空」

二階俊博幹事長 二階俊博幹事長

 自民党の二階俊博幹事長は29日午前の記者会見で、次期衆院選を念頭に「支持率が高いからといって怠けていたら差し替える」と述べ、活動が不十分な公認候補を差し替える可能性に言及した。「国会は秋の空と同じようにすぐ変わる。油断せず、緊張感を持って臨む」とも述べた。党内を引き締める狙いがあるとみられる。

 共同通信社が26、27両日実施した世論調査で安倍晋三内閣の支持率が60・7%となり、前回10月の53・9%から上昇するなど内閣支持率は堅調で、与党内では早期の衆院解散・総選挙がささやかれている。

 これに対し二階氏は会見で「ちょっと支持率が上がったぐらいで解散の時期を考える、国会運営がうまくいくと思い込むのは早すぎる」と指摘。選挙については「自分の経験でも、支持率が高いからと喜んだり、『だいたい楽だろう』と考えると、必ず違った結果になる。油断することなく、しっかりやっていただく」と述べ、差し替えについても触れた。

関連ニュース

民進・野田佳彦幹事長 内閣支持率60%を分析「首脳会談が評価につながっているかもしれないが、失態続きだ」

「ニュース」のランキング