産経ニュース

民進・野田佳彦幹事長 内閣支持率60%を分析「首脳会談が評価につながっているかもしれないが、失態続きだ」

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進・野田佳彦幹事長 内閣支持率60%を分析「首脳会談が評価につながっているかもしれないが、失態続きだ」

会見する民進党の野田佳彦幹事長=28日午後、国会内(斎藤良雄撮影) 会見する民進党の野田佳彦幹事長=28日午後、国会内(斎藤良雄撮影)

 民進党の野田佳彦幹事長は28日の記者会見で、共同通信などが26、27両日に実施した世論調査で内閣支持率が60%前後だったことについて「外的な要因で円安、株高の状況が生まれていることと、安倍晋三首相がドナルド・トランプ次期米大統領を含め、ひんぱんに各国の首脳と会ったりしている動きが、一定の評価にもしかするとつながっているのだろう」と分析した。

 その上で「誰かと会っても成果を上げているのではなく、むしろ失態と思えるようなことが続いている。国会の中で追及することで評価が変わる。その『正体』を明らかにするのがわれわれの役割だ」と述べた。

関連ニュース

【天皇陛下ご譲位】民進・野田佳彦幹事長、与野党協議の必要性を主張

「ニュース」のランキング