産経ニュース

会期延長は12月14日まで 与党幹部が決定

ニュース 政治

記事詳細

更新


会期延長は12月14日まで 与党幹部が決定

 自民、公明両党の衆参幹事長と国対委員長が28日、国会内で会談し、30日までとなっている臨時国会の会期を12月14日までの14日間延長することを決めた。

 29日の衆院本会議で年金給付抑制の強化策などを盛り込んだ年金制度改革関連法案を可決、参院に送付し、延長国会で成立を図る。会期延長は与党党首会談を経て衆参議長に申し入れる。

関連ニュース

与党、会期延長を決定 会期幅めぐり28日に党首会談へ 年金法案、今夕委員会採決

「ニュース」のランキング