産経ニュース

【小池百合子都政】2020東京ブランド検討の初会合 コシノヒロコさん「着るとピエロみたい」  ボランティア制服見直しを議論

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池百合子都政】
2020東京ブランド検討の初会合 コシノヒロコさん「着るとピエロみたい」  ボランティア制服見直しを議論

おもてなし東京の制服が舛添知事の記者会見で発表された おもてなし東京の制服が舛添知事の記者会見で発表された

 東京都は25日、有識者らによる「東京ブランドの在り方検討会」を設置し、都庁で第1回会合を開いた。舛添要一前知事時代に作成したロゴ・キャッチコピー「&TOKYO」の効果や、都の観光ボランティアの制服見直しについて議論した。

 小池百合子知事は会合で「東京の魅力を強力に発信したい。ロゴや制服をどう研ぎ澄ますことができるか考えていく」と述べた。

 有識者として参加したデザイナーのコシノヒロコさんは「(現在の制服は)着るとピエロみたいになる。2020年東京五輪・パラリンピックに向け、上質なデザインができるとアピールするチャンスだ」と話した。

 都によると、ボランティア用の制服は、公募作品から若手デザイナーの案を採用。昨年6月以降、ポロシャツなど4種類、計3735枚を作り、約3015万円の費用がかかっている。

このニュースの写真

  • 2020東京ブランド検討の初会合 コシノヒロコさん「着るとピエロみたい」  ボランティア制服見直しを議論
  • 2020東京ブランド検討の初会合 コシノヒロコさん「着るとピエロみたい」  ボランティア制服見直しを議論

関連ニュース

【小池知事定例会見録】舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」

「ニュース」のランキング