産経ニュース

【政論】「技」なき民進…プロレスに失礼 憲法審で対案出さず、国籍問題では逃げ続ける蓮舫代表

ニュース 政治

記事詳細

更新

【政論】
「技」なき民進…プロレスに失礼 憲法審で対案出さず、国籍問題では逃げ続ける蓮舫代表

萩生田光一内閣官房副長官(斎藤良雄撮影) 萩生田光一内閣官房副長官(斎藤良雄撮影)

 萩生田光一官房副長官は24日、民進党などの国会対応を「田舎のプロレス」と批判した発言を謝罪、撤回したが、言葉の使い方が違うのではないか。「民進党はプロレスのレベルに達していない。同列に語ったことはプロレスに対し失礼だった」と、はっきり言うべきだ。

 ◆憲法審で対案出さず

 元プロレスラーの自民党の馳浩前文部科学相は24日、萩生田氏の発言について「俺と勝負するか?」と不快感を示した。そこには強い自負心がうかがえる。

 プロレスの魅力の一つは鍛え抜かれた肉体から繰り出される派手な「必殺技」の応酬だろう。ボクシングや総合格闘技と異なり、相手の攻撃を避けずに受けきることが暗黙の了解となっており、レスラーの受け身の技術と耐久力も試合を盛り上げる大切な要素だ。

 翻って民進党はどうか。衆参両院の憲法審査会で憲法改正の議論が再開しているが、民進党は「技」に当たる対案を出してこない。

続きを読む

「ニュース」のランキング