産経ニュース

【小池知事定例会見録】舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」

会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=18日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=18日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 「そういう中で、実際にこの移転を想定して準備をされてこられました市場業者の皆様方への対応が極めて重要になってくるわけでございますけれども、まず、補償、そして支援策の拡充、これは喫緊の課題でございまして、既に今週15日には第1回の補償検討委員会を開催したところでございます。そして、適切な補償を行うための補償スキームの構築に向けて議論を開始したところであります」

 「このスキームの検討に当たりましては、市場業者の実情をつぶさに把握する必要がございますので、今後、業界団体の方々とも調整をさせていただいて、11月の下旬から12月中旬にかけまして、ヒアリングなどを実施してまいります。年末になるわけでございますから、さまざまな支払いなどが現実に迫ってくるわけでございまして、その上で12月の下旬から年明けの1月上旬にかけまして、客観的で公正な補償スキームを策定し、そしてまた、それに対して必要な対応をとっていくということでございます」

 「その次に、1月中には補償スキームについてのご説明、さらに2月、3月には個別の相談や予備申請を受け付けさせていただきます。4月以降でございますが、正式に申請を受け付けまして、補償金の支払いを順次、実施していくという形になります。補償の対応とあわせまして、これまで実施をしてまいりました移転時支援策の拡充を図ってまいります」

 「ただ今、お伝えいたしましたように、補償金の支払いは4月以降ということになりますので、それまでの間、では、どうするのだという話になります。そこで資金繰りを支えるための『つなぎ融資』を行わせていただきます。仲卸さんや関連事業者に対します特別融資といたしましては、具体的には融資限度額1000万円、利子・保証料を都で全額負担するという形で大幅な拡充を図るものでございまして、こちらの方は来月の1日から開始をいたします」

続きを読む

このニュースの写真

  • 舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」
  • 舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」
  • 舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」

「ニュース」のランキング