産経ニュース

【小池知事定例会見録】舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」

会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=18日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=18日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 「それから、報酬について、そして政務活動費について。政活費については触れておられましたでしょうか」

 --それについても…

 「費用弁償の件ですかね」

 --政活費については月60万円を月50万円に減額して、また、交通費は費用弁償を廃止して実費にすることを検討しているようだ

 「議会でもいろいろな動きが出てこられたなと、このように思いますが、基本的には議会でお決めになることでございます。ともに都民の代表であり、私も、都民ファーストという形で、報酬についてはさきの定例会議におきまして半減もお認めいただいている中において、これからどのように議会が議論をされるのか注視もしていきたいと思っておりますが、基本的には議会がお決めになることだと思っております」

 --築地の業者への補償は市場会計から行うことに業者から反発の声が聞かれる。補償の規模について考えを

 「後の方のご質問ですけれども、先ほども申し上げましたように、これは都の都合によって延期をされたものでございます。そして、それによって生じるお金のショートということ、ショートというか、さまざまな経費がかかるということでございまして、それに対して早く、今年中のさまざまな支払いなどに間に合うように、つなぎの融資をさせていただくという話でございます。ですから、そういった点で申し上げますと、どれぐらいかというのはこれからも一つひとつ精査もさせていただきつつ、まずは実情をお伺いしなければ進みません」

続きを読む

このニュースの写真

  • 舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」
  • 舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」
  • 舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」

「ニュース」のランキング