産経ニュース

【小池知事定例会見録】舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」

会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=18日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=18日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 「ということで、もう一度こういった点も見直して、研ぎ澄まして、都民ファーストと言っている私ですから、都民の皆さんが、『われこそはボランティアに』『このユニホーム着たい』という、そこから始めるのが一番、東京のPRの原点になるのではないかなということで、会議をさせていただきます。ということでございます。先ほど申し上げたように11月25日ということでございます。この担当は、産業労働局となっております」

 「次でありますが、『東京環境サポーター債』の売り出しについてのご報告です。前もお話ししたと思いますけれども、来年度は本格的な、世界銀行が推奨する項目を全部クリアできるようにする予定でございますけれども、グリーンボンド、これを発行することを計画しておりますが、その前にトライアルとして、『東京環境サポーター債』を個人向けの都債として発行するということで、先日もお伝えしましたが、いよいよ来週発行の運びとなりました。24日からの売り出しです」

 「そして、その利率につきましては、これは金融市場によりますもので、22日の午後に利率を決定させていただきます。通貨は、オーストラリアドルでございます。期間は5年間、利率は、これはオーストラリアの方の利率の関係もあり、年利2%から3%を想定しております。そして1口が1000オーストラリアドル、これはすなわち、今日の為替レートでいうと大体8万円からご購入をいただけるということでございます。8万円で都債を買っていただいて、そのお金をベースにして東京の環境政策の実現、実行に充てていくというものでございます」

 「ただ、1点申し上げておくことは、これは外貨建ての債券でございまして、ここには為替リスクというものが伴いますので、販売窓口となります金融機関から十分にご説明をお聞きいただいた上でのご購入ということにお願いしたいと存じます。ご購入いただいた方々の特典とすれば、東京の環境が良くなるということに加えて、私から感謝のメッセージを込めたカードが届くということになっておりますので、ぜひ。もう1つあって、抽選で都の事業の現場見学会にご招待、今、メニューなどを考えておりますけれども、そういった形で、是非皆さんが参加した形で東京の環境を良くしていく、そのための東京環境サポーター債の発行についてのご報告でございます」

続きを読む

このニュースの写真

  • 舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」
  • 舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」
  • 舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」

「ニュース」のランキング